ジャパネットたかた デジカメ

先日ジャパネットたかたを見ていたら
私の現在もっているデジカメが付属品みたいな形で
セットになって売ってました。

結構ショックでした。
それだけ今は技術も進歩してるし
ちょっとでも昔のものがどんどん安くなってきている証拠ですよね。

ジャパネットたかたってなんであんなに安いんだろ。
ときどきすごい疑問に思いますよね。

ジャパネットたかたはどーゆうやり方をしてるんだろ。
気になります。

なんかわかる方いたら情報ください。
お願いします。

ジャパネットたかたのパソコン

みなさん知っていましたか?

ジャパネットたかたは、パソコンメーカーと手を組んで
オリジナルパソコンを開発しているんですよ。


ジャパネットたかたオリジナルパソコンの
型番の最後にはジャパネットの「J」が付くんです。


ジャパネットたかたとメーカーが手を組んで
作ったPCと

ふつうのPCの違いはなにかといいますと・・・

フロッピーディスクが使えたり、
最初からたくさんの便利ソフトがインストールされてたり

といった具合です。

使いやすさを追求した結果といえるでしょう。

ジャパネット たかた TVの感想

昨日、TVでジャパネットたかたを見ました。

たかた社長はやはりTVにでていませんでした。

たかた社長がいないジャパネットたかたはちょっとつまんないですね。

今後のジャパネットたかたに期待をしたいと思います。

ジャパネットたかたファンが増えるといいですね。

ジャパネットたかた 名前の由来

みなさんご存知のとおり、「ジャパネットたかた」の「たかた」は、高田社長の「高田」に由来しています。

では、「ジャパネット」は、なにに由来しているのでしょうか。

ジャパネットたかたは、最初は九州からスタートしました。

そして、どんどん北へと展開していきました。

そして、展開している地域が広がると、「通販たかた」と改名しました。

しかし、この名前ではインパクトに欠けると思ったたかた社長が

全国規模の会社という意味も込めて、


全国ネット→日本ネット→ジャパンネット→ジャパネット


となり最終的に「ジャパネットたかた」という名前に

辿り着いたというわけなんです。

ジャパネットたかたは意外に単純なネーミングだったんですね。

ジャパネットたかた 個人情報漏洩事件

2004年3月9日、利用者の顧客リストが流出する事件が発覚、一連の広報活動や商品の販売を同年4月24日までの間自粛せざるを得ない事態に陥った(CS放送でも同期間テレビショッピングの放送を休止し、終日環境映像を流していた)。その1か月半の間でおよそ150億円の減収になったと報じられた。

一方、事件発覚後の同社の被害者への対応は非常に素早く、事件が発覚した3月9日より同月12日まで毎日、またその後は事業再開まで1週間毎に謝罪と報告を繰り返した。これは、2005年4月1日より個人情報保護法が事業者にも適用されるのに伴い、漏洩後の事業者の模範対応例と言われており、この事件で同社または・勅卍垢紡个靴討枠麁颪気譴襪匹海蹐・・佞帽發・床舛気譴襪忙蠅辰拭」

ジャパネットのたかたの商品について@

「コジマショッピングTV」や「日本ビーエス放送(ビックカメラ)」(通販チャンネルは放送終了)などの家電量販店系を除いたテレビショッピングではなかなか取り上げられない、前身の家業(ソニー特約店)だった大手メーカー各社製の音響機器・映像機器や生活家電と、パソコン・デジタルカメラなどの情報機器の商品を得意とし、同社の売上主力品目となっている。

このほか、先の「曲内蔵マイク型カラオケ」をはじめ、他社のテレビショッピングにありがちな鍋などの日用品、カーナビ(三洋電機の「GORILLA」・松下電器のストラーダ)やメンテナンス用具などのカー用品、キーボード・ジッポ・時計・高圧洗浄機・剪定ハサミなどの趣味・実用品、ローヤルゼリーやフィットネス器具など、多岐にわたって登場する。

「ジャパネットスタジオ242」では、ラジコンカーや仮面ライダーベルトなどのホビー商品も、実演をまじえ紹介している。

他社では大手メーカーの取扱が有ってもビデオカメラなどでは品目が少なく、それ以外は日立リビングサプライ・三洋ハイアールなど海外生産が主な日系メーカーの家電製品の取扱がほとんど。
大手家電量販店と販売が競合する薄型テレビやパソコンなど、商品によっては送料とポイント還元など加味すると量販店の方が安い場合が多々ある。一方ジャパネットたかたも下取りによって値引きしたり、分割金利手数料無料の点を考慮すると、「トータルでは安い」ことも。
下取りした製品(カメラ類など)の一部は、公式サイト内のインターネットショッピングで販売されている。
ブレイクした2003年以降、ビジネス誌や週刊誌など雑誌の特集内で価格比較が掲載されたりした。

ジャパネットたかたの特徴その@

分割払い(ショッピングクレジット)で発生する金利手数料を同社が全面負担し、ユーザーの負担を極力抑えて買い物を楽しんでもらえるようにすることが挙げられる(業界では異例)。また、毎年年末(11月〜12月)には1年間の利用に感謝するための企画として「利益還元祭」と題したイベントが行われ、購入者にはもれなく応募用紙が同封され、それに必要項目を記入して送付すると旅行やギフト券などが贈呈される(内容は年度ごとに異なる)。

コールセンターは自社の社員が顧客からの電話を受けるなど、業務のアウトソーシングをせずに自社で業務を完結させることをモットーとしている。

ジャパネットたかたのTVショッピングその@

在、テレビショッピングのMCは高田社長だけでなく、社員の塚本慎太郎と中島一成がつとめている。民放の地上波、BS各局で放送されるテレビショッピングではこの3人を中心に、月に数回、取扱商品を変えて放送する。CS放送のSKY PerfecTV!では自社テレビ局「ジャパネットスタジオ242」を開設。塚本、中島をメインに3人の女性MCを加えて放送を行っており、CS放送に高田社長が登場するのは年に数回程度となっている。

テレビショッピングの収録には福岡市にあるスタジオを使用していたが、佐世保市の本社敷地内にテレビスタジオを設置。通販番組を全国の各放送局に配信するためのテレビ番組制作用スタジオが3つとラジオ番組制作用スタジオがある。2006年12月からはスタジオ機材をすべてデジタルハイビジョン放送に対応させる予定。番組は30分と55分の放送時間に合わせた収録番組が基本で、「ジャパネットスタジオ242」や特定の放送局に向けた生放送も制作している。

高田社長をイメージして作られたキャラクター、ミスターJは、同社のテレビショッピング番組のオープニングにCG化された“ミスターJ”がダンスをするシーンで有名。同社キャンペーン用の携帯ストラップとして商品化されている。



ジャパネットたかたの歴史その@

1986年1月に現社長で創業者の高田明(たかたあきら)、1948年11月3日 - 、長崎県平戸市出身)が、1971年に大阪経済大学を卒業後、別の民間企業への就職を経て、1974年に入社した実父の経営するカメラ販売店「有限会社たかたカメラ」から、独立し設立した「株式会社たかた」が前身(1999年現社名に変更)。会社の建物は、佐世保市三川内町に現存している。

1990年代に入り通信販売事業を展開(1990年ラジオ通販開始。1994年テレビ通販開始)。テレビ、ラジオ、新聞の折込広告などのメディア戦略で通信販売業のトップに君臨する企業に成長していった。特にテレビ通販の場合、タレントとともに社長自らも出演し商品を独特の口調で判りやすく解説することで購買意欲を高めた。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。