ジャパネットたかた 個人情報漏洩事件

2004年3月9日、利用者の顧客リストが流出する事件が発覚、一連の広報活動や商品の販売を同年4月24日までの間自粛せざるを得ない事態に陥った(CS放送でも同期間テレビショッピングの放送を休止し、終日環境映像を流していた)。その1か月半の間でおよそ150億円の減収になったと報じられた。

一方、事件発覚後の同社の被害者への対応は非常に素早く、事件が発覚した3月9日より同月12日まで毎日、またその後は事業再開まで1週間毎に謝罪と報告を繰り返した。これは、2005年4月1日より個人情報保護法が事業者にも適用されるのに伴い、漏洩後の事業者の模範対応例と言われており、この事件で同社または・勅卍垢紡个靴討枠麁颪気譴襪匹海蹐・・佞帽發・床舛気譴襪忙蠅辰拭」
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26242608

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。