ジャパネットたかたの歴史カテゴリの記事一覧

ジャパネットたかた 名前の由来

みなさんご存知のとおり、「ジャパネットたかた」の「たかた」は、高田社長の「高田」に由来しています。

では、「ジャパネット」は、なにに由来しているのでしょうか。

ジャパネットたかたは、最初は九州からスタートしました。

そして、どんどん北へと展開していきました。

そして、展開している地域が広がると、「通販たかた」と改名しました。

しかし、この名前ではインパクトに欠けると思ったたかた社長が

全国規模の会社という意味も込めて、


全国ネット→日本ネット→ジャパンネット→ジャパネット


となり最終的に「ジャパネットたかた」という名前に

辿り着いたというわけなんです。

ジャパネットたかたは意外に単純なネーミングだったんですね。

ジャパネットたかたの歴史その@

1986年1月に現社長で創業者の高田明(たかたあきら)、1948年11月3日 - 、長崎県平戸市出身)が、1971年に大阪経済大学を卒業後、別の民間企業への就職を経て、1974年に入社した実父の経営するカメラ販売店「有限会社たかたカメラ」から、独立し設立した「株式会社たかた」が前身(1999年現社名に変更)。会社の建物は、佐世保市三川内町に現存している。

1990年代に入り通信販売事業を展開(1990年ラジオ通販開始。1994年テレビ通販開始)。テレビ、ラジオ、新聞の折込広告などのメディア戦略で通信販売業のトップに君臨する企業に成長していった。特にテレビ通販の場合、タレントとともに社長自らも出演し商品を独特の口調で判りやすく解説することで購買意欲を高めた。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。